サイトリニューアルのお知らせ
  1. ヘルプ
  2. 講座別よくあるご質問
  3. ボキャビルマラソン MUST

ボキャビルマラソン MUST

学習時間内に覚えられるか心配

学習時間は20分~30分と書かれていますが、本当にそれだけでいいのでしょうか。その時間内に覚えられる自信がありません。

まず、一日の学習時間が20分~30分とあるのは、あくまでも「目安」とお考えください。学習のペースは人それぞれですから、もっと短い時間でできてしまう人もいれば、30分以上かかる人もいるかもしれません。

次に、この20分~30分の間に、その日の学習語彙をすべて覚えられるのか、ということについてですが、1回の学習だけで完璧に覚えようとする必要はありません。本講座で採用している「竹蓋Vメソッド」は、テキストの指示に従って学習を進めていけば、学習語彙に2回、3回と繰り返し出合えるように組まれています。もし、その日の学習語彙を100%覚えることができなくても、翌日、1週間後(Review)、1カ月後(Monthly Test)と期間を置いて単語の記憶保持を確認するチャンスがあり、覚え直すことができます。

また、70%くらい身についたと思ったら先に進み、Vol.6終了後にもう一度、今までやった内容の復習(Final Test も含め)をすることをおすすめします。2回目の学習では、1回目よりもずっと短時間の学習で、より強固な実践的知識として身につけられます。ですから「今日、全部覚えなくてはダメだ!」と気負うことなく学習しましょう。

単語が覚えられない

単語、スペルを覚えるコツを教えて下さい。

スペルを覚えるときのコツとして一般によく言われているのが、「フォニックス」と呼ばれている英語圏の子どもの教育に使われている学習法を使って、英語の各アルファベットの発音を覚えるということです。

この「フォニックス」を習得すると、初めて見る単語でも、発音の仕方が推測できるようになってきます(もちろん例外もあるため、フォニックスがすべてではありませんが)。また、発音にまつわるルールを覚えることで、音から字が推測できるようになりますので、単語を正しくつづれるようになってきます。
参考:フォニックスとは
http://www.alc.co.jp/gogakuup/blog/2014/05/phonics.html

このように、スペルを覚える場合には、発音を意識すると効率良く習得できると思います。

その他補足になりますが、接頭語や接尾語、語源を意識しながら覚えるというのも、単語の習得に役立つと思います。
例えば "re-"という接頭語には「繰り返す」といったニュアンスがありますので、その知識を使えば、replay、rewrite、return などの単語が持つ意味やつづりを楽に導くことができるようになると思います。
同様に、unhappy、unfair、unbalanced には、否定の意味を表す接頭語 "un-" がついていると見ることができます。

効率の良い復習方法は?

学習を進めるにあたって、効率の良い復習方法はありますか?

具体的な復習法としておすすめなのは、テキスト1冊目から「チャンク」のページを中心に見直していく方法です。
「英単語=意味(日本語)」という丸暗記の形で単語を覚えていくと、覚えたと思ってもすぐに忘れてしまったり、文中での実際の使われ方や語句のニュアンスがつかみにくかったりしますが、チャンクとして頭に入れておくと、より「使える単語」としてインプットできるでしょう。
再び「チャンク」の部分を CD で何度も聞きながら、実際に声に出して音読したり、音声を聞いて書き取りをするディクテーションなども取り入れてみてはいかがでしょうか。
音読やディクテーションは、リスニング力およびスピーキング力強化にもつながる学習法ですので、一石二鳥です。6冊分のチャンクをしっかりと復習すれば、いろいろな表現が頭に入りますので、ライティングにも活かすことができると思います。

気軽に行える復習法としては、例えば自宅にいるときや車での移動中などに、音楽を聞くように CD を流し、声に出して発音したり、頭の中でスペルを確認してみるのもよいと思います。
また、覚えにくい単語や、すぐに忘れてしまう単語をピックアップしてリストを作り、目につくところに貼ったり、常に持ち歩いて空き時間に眺めるのもよいでしょう。
単語に触れる回数が多いほど、どんなに覚えにくい単語でも確実に覚えることができますので、ご自分の生活の中で、「単語に触れる回数をいかに増やすか」を考えていただくと、効率の良い復習法が見つかるのではないでしょうか。

それから、各ユニットの最後にある「発音記号をチェック!」のページを使って、まだしっかりと覚えていなかったり忘れてしまった単語を拾い上げ、オリジナルの単語帳を作ってみるのもよいでしょう。単語帳を作る際、単に単語と意味だけでなく、英和辞典を引いて例文も一緒に書き加えていけば、その単語の使い方も学べるので、さらに効果的に単語を身につけることができます。
語彙力はありすぎて困ることは絶対にないですし、英語力全般に大きく影響する基礎力ですので、これからもじっくりと取り組んでいただければと思います。

Vol.2 p.11の I had a cast removed from my leg. の文構造は?

Vol.2 p.11 11. "I had a cast removed from my leg." という文の文構造を教えてください。

目的語が「人」の場合は、「have + 人 +動詞の原形」で「人に~してもらう」となりますが、ご質問文の目的語は a cast と「物」であり、a cast が remove 「(自ら)を外す」という行為はできませんよね。
ギプスは(人によって)外されなければならないので、removed と過去分詞形にします。

ページのトップへ